集中力,ない,対策方法,集中力がないとき,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

集中力がないときはどうしたら良いの?対策方法まとめ

集中力がないことで悩んでいる人は沢山いらっしゃいます。

 

 

 

私も集中力がない時期があったので分かるのですが、実は集中力がないというのは「思い込み」という可能性も非常に高いのですね。

 

 

例えば私は今までめちゃくちゃ集中力がないと思っていたのですが、病院で集中力テストを行ったら平均以上の結果を残すことができました。

 

「今まで集中力がないと思っていたのに何でだろ??」と感じていたのですが、結局集中力というものは本人の感覚で決まるのです。集中力があるときもあればないときもある。取り組んでいる物事がつまらなければ高い集中力は発揮されません。

 

 

 

では、集中力がないときにどうしたら良いのか対処法を解説させて頂きます。

1.集中力には限度がないと考える

集中力には限度がありません。

 

集中力,ない,対策方法,集中力がないとき,
NAVERまとめなどにも「集中力には限度がある」ということがまとめられているので勘違いしている人が多いのですが、集中力に限度があると捉えている方が集中力がなくなるんですよ。

 

 

 

集中力に限度はありません。これはオックスフォード大学が実証しているのです。

 

 

 

正しく言えば「集中力に限度がある」と考えている人ほど集中力がないのですね。

 

逆に「集中力に限界はない」と考えている人ほど、高い集中力を発揮することができたのです。

 

 

ちょくちょく休憩を挟まなければいけないというのは思い込みです。確かに休憩は大切ですが、「集中力は90分しか持たないから90分ごとに休憩を入れなければいけない」と考える必要はありません。考えなくて良いです。

 

 

 

私もこういう考えを抱いていたのですが、こういうことを考えると集中できないときに言い訳癖がつくのですね。

 

 

「あー今日は集中できないなー。集中できないからゲームしよ」という形でいつも逃げる方向ばかりに行ってしまうのです。逃げグセがつくと驚くほど人間は腐っていきますし、集中力を発揮するのも難しくなります。

2.コーヒーを飲む

コーヒーは集中力を高めてくれる効果を持ちます。

 

集中力,ない,対策方法,集中力がないとき,
コーヒーに含まれているカフェインはとても良いのですよ。カフェインには覚醒作用があり、集中力を高める効果があるので本気で集中したいときはカフェイン剤を飲むのが良いです。

 

 

 

特に私がオススメしたいのはブラックコーヒーですね。

 

 

ブラックコーヒーは味も苦いので飲んだだけで倦怠感や眠気が取れます。何気に集中力の最大の敵は「眠気」であるため、眠くなったらすぐに寝てしまうかコーヒーを飲んでください。

3.一旦仮眠をとってリフレッシュをする

これは私がよく行っている手法です。

 

集中力,ない,対策方法,集中力がないとき,
私は毎日休み無しで10時間以上働くのが普通ですが、ちょくちょく眠くなってしまうのです。眠くなったときに無理して我慢しても集中力を発揮することはできませんし、かえって非効率です。

 

 

 

なぜ非効率かというと、眠気に意識が集中してしまうからなんですね。

 

 

 

眠気に意識が集中すると仕事どころではありません。頭の中も「あーもうねむたーい。さっさとねたーい」ということばかり考えてしまうので、眠いときはさっさと寝た方が良いのです。

 

 

今どうしても集中しなくてはいけないのであればコーヒーを飲んだりカフェイン剤を飲んだりすることをオススメしますが、長期的に頑張るのであれば寝た方が良いですよ!

 

 

 

寝た後は気分もすっきりするので「仮眠をとったあとにまた仕事や勉強に取り組む」というのは大変有効だと思ってください。

4.思い切り深呼吸をして脳に新鮮な酸素を送り込む

これは大変オススメです。
集中力,ない,対策方法,集中力がないとき,

 

私も意識してよく行っているのですが、集中力というものは脳に新鮮な酸素が送られていないと切れてしまうのです。

 

 

逆に言えば脳にいつも新鮮な酸素が送られていれば集中力を保つことが可能なんですね。

 

 

 

そのため、集中力が切れてきたり今の作業がダルくなったりしたら思い切り深呼吸して脳に新鮮な酸素を送り込んでください。そうすることによって集中力を再度復活させることができますし、休む時間を短縮して仕事や勉強に取り掛かることができます。

 

 

 

これは時間を意識している人にとって効果的ですね。

 

 

 

時間を意識しないと高い集中力を発揮するのは不可能です。時間を意識しつつ、疲れたら酸素を取り込んで脳内をリフレッシュするのが良いですよ。

5.作業の合間にちょっとした散歩を行う

作業の合間にちょっとした散歩を行うのも集中力を回復するのに良いです。
集中力,ない,対策方法,集中力がないとき,

 

集中力には限界がありませんが、普段集中力がない人がいきなり20時間ぶっ続けで仕事をしようとするのは無謀です。絶対に集中力は持たないので、集中力を上げたければちょくちょく休憩を挟んでください。

 

 

 

要するに何度もダッシュする感じですね。

 

 

短距離陸上選手は自分の足を速くするために何度もダッシュ練習を繰り返します。ダッシュを何本も繰り返すことによってスピードが身につきますし、体力をつけることも可能です。

 

 

 

集中力もこういう風にトレーニングするのが良いですね。

 

 

 

普段集中力がない人がいきなりぶっ続けで高い集中力を発揮するのは無理なんですよ。それは普段走ったことがない人が42.195キロのマラソンに参加して完走することを目指すようなものです。

 

 

 

不相応な目標は立てないでください。継続できないですから。

 

 

 

だから作業の合間にちょくちょく休憩を挟んだり散歩に行ったりして血行を改善するのは大変効果的です。

 

 

 

集中する時間を少しずつ増やすことによって必ず自分の集中力は高まります。集中力に悩んでいる人は「短距離ダッシュを何度も繰り返すこと」を意識してください。

6.余計な情報をシャットアウトする

これは相当オススメです。

 

集中力,ない,対策方法,集中力がないとき,
集中力が減退するのは他に気になるものが目に入るからなんですよね。例えばテレビをつけながら勉強をするとテレビの情報が気になって集中できなくなってしまったり、自分のやりたいことに集中したければ他の情報をシャットダウンするのが良いです。

 

 

 

情報って増えれば増えるほど集中力をなくす元凶になるんですよ。

 

 

 

集中力をずっと維持するのは難しいという人もいらっしゃいますが、集中力には限界がないのでそれは可能です。それよりも問題なのは情報がどんどん入ってしまう環境で、一つのことに取り組んで10分程度経てばドーパミンがドバドバ出てくるので勝手に集中します。

 

 

 

しかし、他の情報が入ってしまうとドーパミンが分泌される前に集中力が切れるので集中できないんですよ。

 

 

 

だから余計な情報をシャットアウトする習慣をつけてください。本当に自分が取り組みたいことだけに集中し、他の情報は全く受け入れないという形で取り組むのは非常に気分が良いですよ。

 

 

 

逆にあっちこっち情報を探しまわっている時間は無駄に近いです。インプットはとても大切ですが、アウトプットしなければ価値は生まれないのです。

 

 

余計な情報をシャットアウトして集中する習慣をつければ集中力トレーニングにもなるのでぜひ実践してください。

集中力をアップしたい人に向いているのはムクナ豆

ドーパミンを出して集中力を高めてくれるのはこちらのムクナ豆です。


L-ドーパという成分がたっぷり入っていて集中力が高めるためのドーパミンをたくさん出してくれます。




集中力,ない,対策方法,集中力がないとき,

関連ページ

人間の集中力は90分が限界!?
人間の集中力の限界はどのくらいなのでしょうか? 諸説では90分と言われていますが、この説には賛否両論が巻き起こっています。
集中力の持続時間、実は限界はない!
集中力は90分が限界だとおっしゃる方が多いのですが、実は限界がありません。
集中力が続かないときはどうしたら良い?時間を意識してみよう!
集中力が続かないことで悩んでいる人は多いのですが、そういう人の大半が時間を意識して行動していません。
禁煙すると集中力が低下する!?対処法は?
禁煙すると集中力が低下するという意見が多いのですが、私はDHAを中心とした食生活に改善したら集中力を対策することができました。
受験生なのに集中できない!という人はドーパミンを出そう
受験生なのに集中できないという人はいらっしゃいます。そういう人はドーパミンの分泌をサポートするラーニングアップを飲むのが良いです。
音楽は集中力を上げるの?集中力が低くなるの?
音楽をかけながら作業すると集中力が上がる人と下る人がいらっしゃいます。その違いは音楽に対する意識です。
集中力がない病気はあるの?ADHDの人は集中力がない!
集中力がない病気は確かに存在します。ADHDは集中力を発揮するのが苦手で、治すことはできません。
集中力を持続させるための具体的なコツ
集中力を持続させるための具体的なコツについて記載しています。集中力を持続したい人は右脳を使うようにしましょう。
集中力低下の原因は?対処法はあるの?
集中力が低下する原因は何でしょうか? 対処法も解説させていただきます!