集中力,持続,コツ,右脳,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

集中力を持続させるための具体的なコツ

集中力を持続させるための具体的なコツはあるのでしょうか?

 

 

 

実は、あるのです。

 

 

 

スタンフォード大学の心理学者が行った面白い実験があり、集中力がない人と集中力がある人のグループには以下の相違点が見られたのです。

 

 

 

精神力や集中力には限界がある=集中力が低い

 

 

精神力や集中力には限界がない=集中力が高い

 

 

 

以上の結果が出たのです。
集中力,持続,コツ,右脳,

 

つまり、集中力というものは物事に対する取り組み方やどれだけ楽しんでいるかというのも影響しますが、「集中力に限界がある」と信じている学生は誘惑に負けやすいというデータも出たのです。

 

 

 

集中力が有限か否かは説がわかれますが、少なくとも「集中力は無限である」と信じていた方が集中力が持続しやすいのは確かです。

 

 

 

また、学習面で問題を抱えている学生は「集中力がすぐに切れる。集中力は限られている」という形で適度に休憩をとります。

 

 

 

しかし、集中力が無限だと考えている人は複雑な問題にチャレンジする力があると研究結果で分かったのです。

 

 

 

 

そのため、集中力をできるだけ持続させたければ「集中力には限界がない」と思考を変えるのが良いです。この実験結果はスタンフォード大学が発表した結果であるため、信ぴょう性はかなり高いです。

そもそも人の集中力は個人差がある

これはそもそも論になりますが、人の集中力は個人差があります。

 

 

集中力が高い人は何時間でも集中力を発揮することができます。集中力を持続させるための最強の条件は「自分の好きなことを実践すること」であり、本当に自分の好きなことをしているときは休憩なしで5時間も集中力が持つのです。

 

 

 

実際に私は嫌なことをしているときはちょくちょく集中力が切れますが、自分の好きなことをしているときは5時間も集中力が続いたことがあります。

 

 

 

でも、これっておかしいですよね?

 

 

世間一般で言われている「集中力の限度は90分」という説。実はこの説は信用しない方が良いんですよ。

 

 

 

先ほどスタンフォード大学の例を出しましたが、「集中力には限界がないと考えている人ほど集中力が持続しやすい」と述べました。この説を前提に考えるのであれば人間は90分の集中力が限度と考えるのはあまり良くないのですね。

 

 

 

あなたも90分以上集中力が続いたことがあると思います。

 

 

 

例えばゲームをしたり、恋人とデートをしていたりするときは高い集中力を発揮することができます。

 

集中力,持続,コツ,右脳,

 

これは脳内物質のドーパミンが分泌されるから起こる現象ですが、自分が本当に好きなことをしているときは集中力なんていくらでも持続されるんですよ。

 

 

 

自分の嫌いなことをしているときは集中力は全然続きません。

 

 

 

例えば勉強なんかがそうですよね。大学の授業は「集中力の限度は90分」という理論に基づいて授業時間が決定されていますが、本当に90分集中力が持っている人なんかほとんどいないですよ。

 

 

 

これは授業が面白くないからです。

 

 

 

また、自分に興味がないと感じることも集中力を発揮することはできません。このように、集中力には個人差と取り組んでいる物事によって大きな差ができるため、集中力を定義するのは難しいんですよ。

 

 

 

集中力を持続させたければこれをすれば良い!

 

最新の研究結果を踏まえて集中力を持続させるためのコツを解説させて頂きます。

 

 

 

1.集中力には限度がないとと捉える

 

 

これはオックスフォード大学の研究結果を元にした対策方法ですね。

 

 

人間の集中力は90分が限界という情報を鵜呑みにするのではなく、人間の集中力は限度がないと考えてください。

 

 

 

2.自分の好きなことに取り組む

 

 

これも集中力を高めるのにとても大切です。

 

 

本当に自分の好きなことに取り組んでいれば集中力はいくらでも発揮されます。ゲームをしているときは90分以上集中力が続いたというケースも多いはずです。

 

 

そのため、集中力を伸ばしたければ本当に自分の好きなことに取り組むのが良いのです。

 

 

好きなことがない人はそもそも集中力もありません。自分の好きなことを見つけるのは集中力を伸ばすために絶対重要となるのです。

 

 

 

3.DHAを摂る

 

 

DHAは青魚に含まれている物質で、血液をサラサラにしてコレステロールや中性脂肪による高脂血症を防いでくれる働きを持ちます。

 

 

DHAが集中力強化に良いと言われているのは血液をサラサラにしてくれるからなんですね。脳にわたる血液の流れが悪いと集中力は落ちてしまいます。血液の流れを良くするというのは集中力を維持するための根本であるため、食生活は積極的に改善するようにしましょう。

集中力をアップしたい人に向いているのはムクナ豆

ドーパミンを出して集中力を高めてくれるのはこちらのムクナ豆です。


L-ドーパという成分がたっぷり入っていて集中力が高めるためのドーパミンをたくさん出してくれます。




集中力,持続,コツ,右脳,

関連ページ

人間の集中力は90分が限界!?
人間の集中力の限界はどのくらいなのでしょうか? 諸説では90分と言われていますが、この説には賛否両論が巻き起こっています。
集中力の持続時間、実は限界はない!
集中力は90分が限界だとおっしゃる方が多いのですが、実は限界がありません。
集中力が続かないときはどうしたら良い?時間を意識してみよう!
集中力が続かないことで悩んでいる人は多いのですが、そういう人の大半が時間を意識して行動していません。
禁煙すると集中力が低下する!?対処法は?
禁煙すると集中力が低下するという意見が多いのですが、私はDHAを中心とした食生活に改善したら集中力を対策することができました。
集中力がないときはどうしたら良いの?対策方法まとめ
集中力がないときはどうしたら良いのでしょうか? 対策方法をまとめました!
受験生なのに集中できない!という人はドーパミンを出そう
受験生なのに集中できないという人はいらっしゃいます。そういう人はドーパミンの分泌をサポートするラーニングアップを飲むのが良いです。
音楽は集中力を上げるの?集中力が低くなるの?
音楽をかけながら作業すると集中力が上がる人と下る人がいらっしゃいます。その違いは音楽に対する意識です。
集中力がない病気はあるの?ADHDの人は集中力がない!
集中力がない病気は確かに存在します。ADHDは集中力を発揮するのが苦手で、治すことはできません。
集中力低下の原因は?対処法はあるの?
集中力が低下する原因は何でしょうか? 対処法も解説させていただきます!