集中力,低下,原因,対処法,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

集中力低下の原因は?対処法はあるの?

集中力低下の原因は何なのでしょうか?

 

 

 

集中力が低下するときは様々な原因が存在します。集中力が低くなる原因を特定し、改善活動をしていきましょう。

1.おなかがいっぱいになると集中力は低下する

ランチを食べた後に眠くなってしまったり集中力が下がってしまったりするのは、血糖値が高くなるからです。

 

集中力,低下,原因,対処法,
オレキシンという脳内細胞が人間の脳の中に素材しますが、このオレキシンはアドレナリンやドーパミンなどで知られる脳内ホルモンです。

 

 

オレキシン作動ニューロンがオレキシンを出してくれるのですが、このニューロンのスイッチがオンなってなければ人間はやる気が出ません。

 

 

 

人間がお腹いっぱいになると眠くなってしまうのは「オレキシン作動ニューロンがOFFになり、オレキシンが分泌されなくなるから」です。逆に血糖値が低いとオレキシン作動ニューロンはオンとなり、やる気と集中力がドバドバ出るようになるのです。

 

 

 

芥川龍之介は「お腹が空いている方がやる気が出る」と述べていましたが、これはとても正しいのです。

 

 

お腹が空いていることによってオレキシンがたくさん分泌されて集中力がアップします。逆に言えばお腹がいっぱいになっているときは集中力が下がって当たり前なのですね。

 

 

 

そのため、集中力を落としたくない人は腹八分目を心がけて集中力低下を防ぎましょう!

2.休憩時間が足りないと脳は疲れる!

脳も疲れる存在なので休憩時間が足りないと集中力を保つのは難しくなります。

 

集中力,低下,原因,対処法,
ここが問題点なんですよね。

 

 

理論上集中力はいつでも保ち続けることができますし、高い集中力を発揮して仕事に取り組むことは可能です。しかし、脳はとても怠け者なのでハードワーキングが続くと「もう無理! 休ませて!」という形で身体をダルくしてしまうのです。

 

 

 

身体がダルい状態で仕事に取り組んでも集中力を発揮することができません。脳が労働を拒否しているからです。

 

 

 

しかし、脳は「一度起こった辛い作業」を覚えています。だから一生懸命作業して身体と脳が物凄く疲れてしまったとしても思い切り寝れば回復します。回復するだけではなく、「もうあんな辛い思いはしたくないぞ!」という形で集中力が向上するのです。

 

 

 

脳が疲れたら休ませるのが良いのですが、休んでばかりいるのも問題です。

 

 

先ほども申し上げたとおり脳は物凄く怠け者です。疲れていなくても怠けてしまうのが脳という性質であるため、ダラダラしてしまうときは脳を蹴り飛ばす感覚で駆使するのが良いでしょう。そうすることによってドーパミンが分泌され、脳はようやくシャキッとしてやる気をだしてくれます。集中力も高まります。

 

 

 

 

しかし、もうこれ以上ないほど脳を駆使して身体が疲れてしまったら素直に休んでください。そういうときは自然と長時間睡眠になると思うので、長時間睡眠が終わった後はめちゃくちゃ脳がレベルアップしているはずです。

 

 

 

そのため、脳が疲れたら休むということは積極的に心がけてくださいね。

3.時間を意識しないと集中力は切れる!

集中力が低下する原因の大半は「余裕」が生じてしまうことです。

 

集中力,低下,原因,対処法,
時間を意識しないで仕事に取り組むと集中力は切れてしまいます。集中力が切れると今行っている作業が嫌になってしまったり、面倒くさいと感じたりしてしまいます。

 

 

 

時間を意識することによって集中力を高めることが可能です。

 

 

意外とこれができていない人が多いのです。この先も人生は続く、まだまだ時間はたっぷりあるという形で今という時間を有効活用しない人が多いのですが、それだと集中力は発揮されません。

 

 

 

なぜならば集中力は追いつめられたときに発揮するものだからです。

 

 

 

まずは自分を追い詰めてください。例えば1時間単位で時間を区切り、「この1時間で絶対にこれだけは終わらせるぞ!」という形で取り組めば集中力が切れることはありません。

 

 

時間は本当に大切です。

 

 

人間の問題点は脳が根っからの怠け者であるところです。脳は怠け者だから強い意志で脳をひっぱたき、駆使するくらいじゃないとなかなか行動してくれません。

 

 

 

時間を意識することによって「絶対にやらなければいけない!」と脳が覚醒し、高い集中力を発揮することができます。これを何度も何度も繰り返せば1時間程度であれば脇目を振らないで集中力し続けることはできるようになるため、集中力アップのトレーニングだと思って継続するのがオススメです。

 

 

 

時間を意識すれば集中力はアップするというのはとても有効な対処法ですね。

4.食生活が乱れると集中力も低下する! DHAを摂取しよう!

日本人は平均IQが高く、頭が良い民族として世界中に知られています。

 

 

平均IQが一番高い国は香港でI!107。次は韓国でI!106。そして日本がIQ105です。

 

 

 

韓国は非常に競争が激しく、毎日14時間勉強するのも当たり前です。日本もかなりの先進国家ですが、これらの国に共通しているのは「集中力が高くてIQも高い」という特徴です。

 

 

一般的にアジア人は他の人種と比較して頭が良くて集中力が高いと言われています。更に言及すると、この3国の平均IQと集中力が高いのは「食習慣」も深く関わっているのです。

 

 

 

日本、韓国、台湾は魚をよく食べます。特に青魚は集中力を対策してくれるのに良く、青魚に含まれるDHAが集中力をサポートしてくれるのはよく言われている事実です。

 

 

 

逆に集中力が短い人には共通点があります。

 

 

それは食生活が乱れていることです。ジャンクフードばかり食べていると食生活が乱れ、集中力が低下してしまいます。ジャンクフードばかり食べている子供は切れやすいというデータがありますが、自分の感情を抑制することができないと集中力が切れやすいのです。
集中力,低下,原因,対処法,

 

 

 

集中力を高いレベルで発揮したければ食生活を改善しなければいけません。ジャンクフードやカップラーメンばかり食べているのに集中力が発揮できるわけがないのです。

 

 

 

特に良いのはDHAが含まれたサプリメントを飲むことですね。集中力をサポートして欲しい人は食生活を改善するためにDHAとEPAが含まれているサプリを飲んでください。

 

【やわたのDHA&EPA】

 

 

 

以上のことを意識して実践すれば集中力低下を防げるはずです。

集中力をアップしたい人に向いているのはムクナ豆

ドーパミンを出して集中力を高めてくれるのはこちらのムクナ豆です。


L-ドーパという成分がたっぷり入っていて集中力が高めるためのドーパミンをたくさん出してくれます。




集中力,低下,原因,対処法,

関連ページ

人間の集中力は90分が限界!?
人間の集中力の限界はどのくらいなのでしょうか? 諸説では90分と言われていますが、この説には賛否両論が巻き起こっています。
集中力の持続時間、実は限界はない!
集中力は90分が限界だとおっしゃる方が多いのですが、実は限界がありません。
集中力が続かないときはどうしたら良い?時間を意識してみよう!
集中力が続かないことで悩んでいる人は多いのですが、そういう人の大半が時間を意識して行動していません。
禁煙すると集中力が低下する!?対処法は?
禁煙すると集中力が低下するという意見が多いのですが、私はDHAを中心とした食生活に改善したら集中力を対策することができました。
集中力がないときはどうしたら良いの?対策方法まとめ
集中力がないときはどうしたら良いのでしょうか? 対策方法をまとめました!
受験生なのに集中できない!という人はドーパミンを出そう
受験生なのに集中できないという人はいらっしゃいます。そういう人はドーパミンの分泌をサポートするラーニングアップを飲むのが良いです。
音楽は集中力を上げるの?集中力が低くなるの?
音楽をかけながら作業すると集中力が上がる人と下る人がいらっしゃいます。その違いは音楽に対する意識です。
集中力がない病気はあるの?ADHDの人は集中力がない!
集中力がない病気は確かに存在します。ADHDは集中力を発揮するのが苦手で、治すことはできません。
集中力を持続させるための具体的なコツ
集中力を持続させるための具体的なコツについて記載しています。集中力を持続したい人は右脳を使うようにしましょう。